ぼくが毎日生野菜を食べるようになった理由

あなたはきっと生野菜を毎日食べているだろう。
ゆで野菜かもしれない。
いずれにしても野菜は食べるだろう。

それが当たり前だ。

ぼくは数年間、野菜、特に生野菜をほとんど食べなかった。
野菜なんて食べなくても大丈夫と思っていた。

野菜を食べなくてよいと思った理由

ぼくはグレインフリーでゆる糖質制限を始める前、
三年くらい野菜をほとんど食べなかった。

野菜からとれるビタミン・ミネラルは米からとれると信じていた。

それに油を取らないほうが良いと思い込んでいて、
生野菜のドレッシングは悪だと思っていた。
生野菜には塩とかだとおいしくないので、
それならば生野菜はいらないと。極端!

米と納豆が好きだったのと、
面倒がかからないという理由で、
夕食には納豆ご飯ばかりを食べていた。

朝は半かきあげと生卵が乗ったかけそば、
もしくは朝マック。

昼はボリュームがある具がはいったおにぎり二個。

つまり野菜ゼロ。
こんな生活を続けていた。

野菜を食べないでいるとどうなるか?

すると頻繁に異変が起きた。
異変とは粘膜下血腫(ねんまくかけっしゅ)だ。

粘膜下血腫とは、粘膜の下で出血して血豆ができること。
こんな感じだ。
右下の歯茎の外側に5mmくらいの血豆ができている。

歯磨きのときに歯ブラシをぶつけるとできたり、
ひどく咳き込んでいると上あごの奥の柔らかい場所にできたり、
何もしなくてもほっぺたの内側に突然できたりした。

これが頻繁に起こっていた。

血豆ができると、
まずいかなと思い、
ビタミンCの補給をした。

ビタミンC強化のジュースを数日飲むと、
血豆が増えることなく治るので、
それで良しとしていた。

なぜビタミンCが必要かなと思ったかというと、
血管をしっかりさせるコラーゲンを作るのに、
ビタミンCが必須だから。

それと野菜を食べていないので、
きっとビタミンCが足りていないんだろうなと思っていたから。
確信犯だったんだよね。

米は炊飯しているから、
ビタミンCなんて残ってないんだろうね。
もともとそんなに入っていないか。

グレインフリーでゆる糖質制限にするにあたり、
米に何でも入っている信仰は通用しなくなるので、
これはやはり野菜を食べないといけないなという気になった。

それで今は毎日野菜を食べている。
ぼくは究極のめんどくさがりなので、
切ってあって、すぐ食べられる、キャベツ。

野菜を食べ始めてから、血豆はできなくなった。
きっと、ビタミンC不足だったんだよね。

実は、今考えるとぞっとする。

なぜか。

頭の血管が切れなくてよかったなと。

もし脳内で出血していたら、今頃半身不随だったかも。

医者の不養生を地で行ってる感じで笑えないよね。

それも激務とかじゃないわけで。
愚の骨頂。

通常言われている食べ方にはある程度従わないといけないなと。

自分で書いていて、不健康の極みだなと思うが、
体を張って、健康と不健康の境界を確認している点で、
「健康ドクター」の名前を許してもらえるかな?

ちなみにこの冬は一度もかぜをひいていないし、
ましてやインフルエンザも全然平気。
生野菜のおかげか、ゆる糖質制限でタンパク質多めのおかげか。