乾癬性関節炎は何が原因か?

乾癬性関節炎(かんせんせいかんせつえん)は、
関節症性乾癬(かんせつしょうせいかんせん)ともいう。

乾癬と関節炎を一緒に発症しているということ。

どちらか一方でもつらい病気なのに、
二つ同時は思いやられる。。。

乾癬性関節炎の原因は?

不明。

どの情報を見ても、不明、としか書いてない。

日本語の情報も、
英語の情報も、
すべて原因不明と始まる。

遺伝子型と感染症と外傷、肥満など。

いくつか言われているけど、
決定打はない。

これでは根本的な対処はできないよね。

乾癬性関節炎の治療は?

乾癬も関節炎も自己免疫の異常で起きているものを
乾癬性関節炎と呼んでいる。

治療は自己免疫を調節する方法だ。

従来は、免疫を絨毯爆撃のように抑え込む治療法しかなかったが、
今は、ピンポイントで免疫メカニズムを調節する薬がたくさん出ている。

免疫メカニズムを調節する薬で対処して、
劇的に症状がよくなる人もいる。

しかし、根本的には治していないから、
やめると元に戻る恐れはある。

症状を完全に抑え込めない場合も多い。

効かなくなっていく場合もある。

どうしたらいいものか。

いまのところ、標準的には、効く薬を続けて使って、
症状を抑え続けるしか方法はない。

乾癬性関節炎はグルテンとは関係ないの?

乾癬はグルテン敏感性と関係あるかもしれない。

自己免疫異常の関節炎、関節リウマチもグルテン敏感性と関係あるかもしれない。

なので、乾癬性関節炎もグルテン敏感性と関係あるかもしれない。

という程度だ。

英語ならこんな情報がある。

もし、あなたがグルテン敏感性であって、
グルテンを食べ続ければ、
グルテンに反応し、自分の体にも反応してしまう、自己抗体ができる。

この自己抗体が全身の炎症を引き起こす。

皮膚に炎症が起きれば皮膚炎となり、
関節に炎症が起きれば関節炎となる。

小腸が炎症を起こせば、吸収不良が起き、
ビタミン・ミネラル不足に陥る。

グルテンをやめてみる。
穀物全部やめてみる。

これは一つの選択肢だ。

グルテン敏感性かどうか知るには?

なぜ穀物全部やめてみなくてはならないか?

まとめ

乾癬性関節炎は、原因不明だ。

グルテン敏感性の人だった場合、
グルテンをやめるとよくなったという報告はある。

いまある医薬品では症状はよくしても、
完治させることはできない。

もし、グルテン敏感性があるなら、
グルテンをやめてみるという選択肢がある。

それでよくなるなら儲けものだ。

つらい、つらい、痛みとおさらばできるのかもしれないなら、
なんでもやってみようではないか。

しかも、リスクゼロだ。

何かを足すのではなく、
やめてみるだけなのだから。

 

 

(Visited 4 times, 1 visits today)