ビタミンB12ってなんだ?欠乏するとどうなる?

ビタミンB12ってB1,B2,B6に比べるとちょっとマイナー?
しかし、これがまた相当重要。
数字が大きいからボスキャラぽいでしょ?(笑)

ちなみにビタミンB13以降はないよ。

グルテン敏感性でも不足する代表格。

グルテン敏感性とは?

今日はビタミンB12について。

ビタミンB12って何?

ビタミンB12は、こんな働きをする。

細胞分裂に必要。
脳や脊髄(せきずい)の神経線維を保つ。
心血管系の病気から身を守る。
認知症や神経異常(しびれなど)を予防する。
エネルギー産生を維持する。
睡眠に必要なメラトニンを作る。

びっくりするくらい大事。
これが不足したら大変なことになる。

ビタミンB12が不足したらどうなる?

ビタミンB12が不足するといろいろな症状が出てくる。

疲れ
頭痛
体重増加
脳霧(霧がかかったようなぼんやりした感じ)
記憶力低下
不眠
関節痛・筋肉痛
うつ
イライラ・すぐ切れる
神経のしびれ・痛み
耳鳴り
めまい

神経系が多い。

神経細胞は置き換わらないし、
神経線維のカバーもゆっくりしか治らない。
神経は替えがきかないので大事にしないとダメ。

ビタミンB12は大事な栄養素だね。

ビタミンB12が不足しないようにするにはどうしたら?

一番大事なのは食事。
動物性のタンパク質を食べること。

どんな食品にビタミンB12が多いかというと、

しじみ、あさり、はまぐり、のり、
かたくちいわし、魚の内臓、
牛、豚、鶏のレバー

というところ。

魚介類全般に多く入っている。
まるごと食べられる小魚や貝がいい。

レバーは最近食べる機会が減ったよね。
レバーは苦手な人は多いと思うけど、
大事なビタミン補給源なんだなと改めて思う。

ビタミンB12の吸収には、
胃から分泌される胃酸と内因子というタンパクが必要で、
胃が元気じゃないと吸収できない。

グルテン敏感性で腸がダメージを受けていても、
吸収できない。

胃酸不足にはレモン水がいい。
レモンの絞り汁を薄めて飲む。
最近、ドーバー プルコ レモンがいいと勧められた。

 

グルテン敏感性で腸にダメージがあるなら、
グルテンフリーで腸を休めて回復を待つ必要がある。

ビタミンB12欠乏に陥っている場合、
サプリメントを使うと回復が早い。

治療量は一日に2000から15000マイクログラム。
これはかなり多い。
日本の会社のサプリメントだと、
対応できるサプリはない。
海外メーカーのサプリメントを選ぶ必要がある。

GeneLife Genesis 2.0でビタミンB12濃度の傾向は?

結果は「標準」だった。

判断している遺伝子は5つ。
そのうち3つはまだ研究中で働きはわかっていない。
2つは血液型に関係する遺伝子だ。

つまりは、ビタミンB12濃度に関係しているのはわかるのだが、
それがなんだかわからないという状態。

これは、歴史上の出来事にそっくりだ。

「コレラは汚染された井戸水に関係しているのはわかるのだが、
 本当の原因はわからない。しかし対処できた」
 →のちにコレラ菌発見

「脚気は麦飯と洋食で予防できるのはわかったが、
 本当の原因はわからない。しかし対処できた」
 →のちにビタミンB1発見

何年か後にははっきりしているだろう。

電子鍼Vitastiqで体内のビタミンB12の状況はどうか?

電子鍼Vitastiqでの測定結果は「Good」良好で問題なし。
遺伝子型の結果とあっている感じ。

まとめ

ビタミンB12は、神経系を中心に重要な働きをしていて、
欠乏するとしびれや痛みなどの症状を出す。

食べ物で補給する場合、
魚介類を食べるか、
動物のレバーを食べるのがよい。

サプリメントは海外メーカーのものを選ばないと、
含有量が少なく治療にならない。

ぼく個人としては、
遺伝子型でみても、Vitastiqでみても、
問題なかったが、
レバーを積極的に食べてみようという気になった。
そういえば最近食べてないなと。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です