グルテンフリーとの出会いは突然に・・・

ふと、あるとき、妻が尋ねた。

「セリアック病って何?」

これが、ぼくがグルテンフリーに出会うきっかけだった。

セリアック病って何?

セリアックと聞いたとき、
国家試験対策で勉強した
セリアックスプルーという
南国の病気で、
小腸からの栄養吸収不足で、
子供の成長に悪影響を与える病気
を思い出しただけだった。

妻の話を聞いていると、
そういう病気のことではないらしい。

必死に勉強したところ、
セリアックスプルーは、
セリアック病の一部と考えれば、
つじつまが合った。

ちなみにセリアックとはceliacと書き、
「おなかの」という意味である。

セリアック病の原因は?

セリアック病は、
小麦を代表とする、
穀物に入っているグルテンに反応して、
自己免疫異常を生じた結果起きてくる病気だ。

グルテンは穀物に含まれるタンパク質だ。
通常は、消化されて、アミノ酸になって吸収される。
グルテンによって異常が引き起こされる人がいる。

免疫とは、外敵から身を守る仕組みだ。
細菌やウイルスをやっつけてくれる。
免疫が異常をきたすとどうなるか。

不十分になると細菌やウイルスに滅ぼされてしまう。
過剰になると自分の体を滅ぼすことになる。

自分の体を滅ぼす異常を自己免疫異常という。
普通は、自分の体を認識して、攻撃しないので、
普通じゃなく異常に自分の体を壊すときに、
自己免疫という。

グルテンによって自己免疫異常をきたすと、
どうなるのか?
それがセリアック病の症状だ。

一番はおなかの症状。
グルテンが含まれる食べ物を食べると、
おなかを壊す。腹痛が起きる。

神経にも悪影響が出る。
よく見られるのはしびれ。
頭痛とかもやがかかった感じとか。

皮膚にもダメージがある。
水泡があるできものができる。
そしてかゆい。

ほかの原因の自己免疫疾患と関連あると言われている。

1型糖尿病:
これは膵臓のインスリンを作る細胞を壊す自己抗体ができて、
インスリンが作られなくなって起きてくる病気。

リウマチ:
関節を破壊する自己抗体ができてしまう病気。

潰瘍性大腸炎、クローン病:
小腸や大腸が自己免疫でただれてしまう病気。

シェーグレン症候群:
涙を作る細胞が自己抗体によって破壊され涙が出にくくなる病気。

甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症:
甲状腺細胞が自己抗体によって刺激されたり、
壊されたりして起きる病気。

ほかにはいますごく多い過敏性腸症候群と診断されている場合もある。

日本人では、1%未満だ。
ただし、知られていない病気なので、
診断されていないだけかもしれない。

診断は、グルテンを食べている状態で、
セリアック病のときにあらわれる自己抗体を血液検査で測定する。

確定診断には、内視鏡が必要だ。
それも結構つらい検査だ。
普通の内視鏡よりも奥まで進み、
小腸の壁の組織をつまんできて病理検査に出す。

遺伝子検査もある。
遺伝子型によって、
なりやすい人なりにくい人がわかる。

グルテンを食べていて、
なりやすい遺伝子を持っていて、
あともう一つのきっかけ、
たとえば、精神的ストレスがかかったりすると、発症する。

だから、遺伝子型だけでは、
確定診断にはならない。

でも、小腸の内視鏡はつらいから、
特徴的な症状と遺伝子型だけで決める方法もある。

セリアック病の治療はどうするの?

治療はどうすればいいのか?
治療は単純だ。

グルテンを口から入れないこと。

これだけだ。

単純だけど、かなり難しい。

だって考えてみて。
小麦抜きの食生活って想像できる?

パン
パスタ
ラーメン
うどん
そば(十割そば除く)
お好み焼き
たこ焼き
焼きそば
とんかつ
エビフライ
天ぷら
カレーライス
シチュー
スイーツ全般

これら全部なしで行ける?
ふつう無理。

厳密にいうと米にもグルテンが入っている。
小麦の代わりに米で作った食べ物がある。
厳密にグルテンゼロにするなら食べられない。

グルテンフリーの底力

セリアック病とはどんな病気かから、
グルテンフリーにたどり着いた。

同時に、
小麦によって、
小麦腹と言われる、
いわゆるビール腹が作られる。

つまり小麦をやめれば痩せられる
という情報にもたどり着いた。

そして、
いろーーーんな症状を生み出すから、
医学で治療してもよくならない症状は、
グルテンフリーでよくなるという思いにたどり着いた。

この思いを、
できるだけ多くの人に伝えたいという思いが強くなった。

小麦をやめるのは大変だが、
日々つらい症状に悩まされていて、
藁をもつかむ思いの人にとって、
一か八か、
一度はやってみる価値があると信じている。

薬を足すのではなく、
小麦を引くだけなので、
危険性は少ない。

厳密にグルテンフリーをやるには大変だが、
まず軽い気持ちで小麦だけ気を付けてみる、
というのもありだと思っている。

ここまで長い話にお付き合いいただき
ありがとうございました。

このあとさらに衝撃的な出会いが待っています。
続きは寝て待て。

面白かったら、ぜひシェアをお願いします。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です