糖質制限してもいいのか、しないほうがいいのか?

このところ糖質制限界隈がかまびすしい。
糖質制限すると早死にするんだと、
大騒ぎだ。

この騒ぎについて考えてみた。

糖質制限が叩かれている理由は何か?

このところ立て続けに糖質制限がダメだという情報が
喧伝(けんでん)されている。

発端は、穀物を主な食料とするネズミに、
穀物を与えない糖質制限をしたら死んだという話。

そりゃそうだ。
そりゃ死ぬだろうよ。

その結果を持って、人が糖質制限すると早死にすると
大騒ぎになった。

そのあとから、あとから、
糖質制限なんだか、ただの飢餓だかわからないが、
糖質制限は頭がボーとするとか、

アルツハイマーになるとか、

女性はきつい糖質制限はダメなんだとか、

いまや脳は糖だけじゃなくケトンも使えるというのが常識なのに、
あらためて、脳はブドウ糖しか使えないんだとか、

それはそれは、一斉に、よってたかって、
糖質制限をたたきまくっている。

どうしちゃったの?

何か証拠をつかんでいるわけではないが、
直感で、マスコミに何らかの力が働いたと感じている。

糖質を消費してくれないと困る人、業界はたくさん。

米、小麦、砂糖など、糖質はあふれている。

糖質で商売している人が恐れているに違いない。
そうみている。

糖質制限はすべて本当にダメか?

糖質制限は本当にダメなんだろうか?
糖質制限は体に悪いんだろうか?
糖質制限をすると早死にするのだろうか?

まず、糖質制限にもいろいろある。

量を限りなくゼロにするところから、
二食、糖質を抜く、
一食、糖質を抜く、
食事で糖質は抜きはしないが食べる糖質を減らす、
ところまで幅が広い。

種類だってさまざまだ。
砂糖だけやめてみる、から、
砂糖と米をやめてみる、
砂糖と米と小麦をやめてみる、
さらにほかの穀類、いもその他の糖質もやめてみる、
極力糖質と呼ばれるものはすべてやめてみる、
というところまで、非常に幅広い。

どれがいい、どれが悪いはいろいろ言われているが、
エビデンスは全員には当てはまらない。
エビデンスは科学的根拠の意味。

集団から導き出される傾向なので、
個人個人全員には当てはまらない。
くじ引きのような確率でしかあてはまらない。

ようは、一人一人やってみなければわからない。

糖質制限がその人にあっているかどうか、
どんな量、どんな種類の糖質制限があっているか、
ホントのところは誰もあなたにあった糖質制限などわからない

糖質制限にもいろいろ幅があって、
合う人合わない人、
合う人でもどうやるのがいいのか、
千差万別だ。

結局、糖質制限はしてもいいのか?しないほうがいいのか?

ぼくのおすすめは、糖質制限をやってみればいい、だ。

やり方はいろいろある。
とにかく興味があって、
何か期待するものがあるなら、
やってみればいい。

あなたに合っていれば、
早ければ数日で体調の改善を感じられる。
二週間あれば、体重が減る。
一か月で、習慣になり続けたくなる。
当然好調はキープだ。

あっていなければ、
数日で異常が起き、
一週間も続かないだろう。

ただ、間違っても飢餓だけは避けてほしい。

糖質制限を取り違えて、糖質制限だけする人がいる。
それは間違いだ。
それでは餓死する。

糖質を制限した代わりに、
タンパク質、脂質を増やさなくてはいけない。

簡単に言えば、アレルギーがなければ、
肉・魚・卵・チーズを増やす。
これだけだ。

糖質制限の方法は、
必ず米やパンを食べていた食事で、
米やパンをゼロにしてみる、
ところから始めると始めやすい。

最初は変な感じがする。
いつもおなか一杯に食べていた糖質を
食べなくなるからだ。
でも、あなたに合っていれば、
すぐによい効果がでる。

一番最初に感じるのは、
食後の胃の軽さと、
眠気のなさ。
これが一番得した気分になる。

これを感じないのであれば、
あなたにはあっていないのかもしれない。
少なくとも、何度か、数日やってみればわかる。

それで判断したらどうだろうか?

その数日で死にはしない。
たとえ絶食しても、数日では死なない。
安心してほしい。

地震で生き埋めになったあと、
奇跡の生還では、数日何も食べていない。
あそこまで過酷なことは
自分の意志ではできないから大丈夫だ。
安心しよう。

まとめ

マスコミがどう報道しようと、
偉いように見える医者が糖質制限が危ないと言おうと、
あなたには関係ないことだ。

糖質制限に魅力を感じていて、
いまの体調不良、体重増加、高血糖を何とかしようと
思っているなら、試してみればいいのだ。

糖質制限があうかあわないかは、
人それぞれだ。

誰がいいっていったからする。
誰が悪いっていったからしない。

どちらでもいい。

するかしないかはあなた次第だ。

いろいろな情報があふれている。
善意の情報もあれば、
操作された情報もある。

それらをもとにどうするかを決めるのはあなただ。

あなたを大事にできるのは、あなたしかいないのだから。
誰かが守ってくれるわけじゃない。
誰かが保証してくれるわけではないのだ。

人生は一度きりだ。
後悔のない人生は、自ら決断し行動した人生だ。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です