腸が痛いときに読む本―もちろん本が読める状態ではないときは病院に行こう!

腸に関連した三冊をご紹介。

腸の調子が悪いなと思うとき読んでみてはいかが?

本を読んでいる場合ではないほど痛い場合は、
迷わず医者にかかろう。

腸漏れってまずくないか?

リーキーガット症候群(腸透過性亢進)を
ざっと知りたい人によい本。

小腸・大腸を大事にしよう。

腸内細菌叢はヒトを救う

体調がすぐれない人は一度読んでみると良い本。

腸と腸内細菌叢が体の健康をつかさどっている
といっても過言ではない。

腸は、栄養分の消化、吸収、産生はもとより、
免疫も心の安定も担っている。

腸には頭が上がらない。りませんな。

腸を大切にし、感謝しながら生きるべし。

腸の免疫は侮れない

現代的な腸についての知識を仕入れるにはよい本。

腸内フローラが健康のカギ。

免疫細胞との相互作用が
Toll-like receptorで行われているところが興味深い。

自己免疫疾患治癒の鍵は腸内フローラか。

腸は超大事にしなきゃね。
暴飲暴食で痛めつけてはダメダメよ。

 

(Visited 1 times, 1 visits today)