腎結石と腎がんは関係ある?

ぼくは腎結石持ちだ。
健診でエコー検査を受けると、
右の腎臓に結石が見える。
10年前から指摘されている。

10年前からエコー検査が健診に加わった。
だからわかっただけなら、
もっと前からあったかもしれない。

腎臓に石があることはそれ自体は大したことではない。
何も症状がない。

それが尿管に落ちてくると痛い。
それはそれは痛い。
文字通りのたうちまわるほど痛い。

尿路結石の痛みに耐えかねて、
医務室にきた従業員がいたのを
思い出した。

大男が、
「先生、痛み止めの座薬ください」と言う。
「すぐ、使いたいんです」
え、ここで??
そんなに痛いの?

以前に起きた尿路結石の痛みと同じだから、
多分尿路結石だと。

ぼくは幸いその痛みにはなったことはない。
でも、ずっと鎮座ましましてる、
右腎の結石は気になっていた。

腎臓がんのリスクはないの?

ふと思い立ってGenesis 2.0の結果を見てみた。

Genesis 2.0についてはこちら

がんの傾向一覧を見てみると、
ひときわ目立つのは赤のセル。
なんと「腎臓がん」
がーーーーーん

ぼくは何もなくても腎臓がんのリスクが高いんだ。

腎結石との関係はどうなんだろう。

腎結石があると腎臓がんのリスクが高いか?

調べてみたら、メタアナリシスが出てきた。
メタアナリシスは、事後に分析するという意味で、
いくつかの研究を統合して事後的に研究する方法だ。

エビデンスレベルは最高。
信頼性の置ける研究報告だ。

その報告には、腎結石がある人は、腎臓がんになりやすい。
特に男性!とある。
ひえーーーーーー

腎結石って治せるのか?

このままではまずい。
腎結石を治す方法ってないのか?

大きな結石が詰まってしまい、
腎臓の機能や尿の排泄を邪魔するようなら、
取り出す方法や超音波で破砕(はさい)
する方法などがある。

超音波破砕は、
体の外から超音波をぶつけて石を壊す方法。

でも、そこまで不都合がおきていないから、
日頃の生活習慣でなんとかできないものか?

一つは、水分をよくとる

水で押し流すって感じ。
ぼくはあまり水分をとらないほうだから、
それがいけないのかも。
もっと積極的に水分をとってみよう。

二つめは、体脂肪率を減らす

体脂肪が高いと結石を作りやすい。
動脈硬化に似た状態と考えられている。
体脂肪率は高めの遺伝子型なので、
気を付けることだな。

筋トレかな。

三つめは、シュウ酸摂取のコントロール

腎結石は、シュウ酸とカルシウムが結合したもの。
シュウ酸はいろんなものに入っている。
有名なのはほうれん草。

実は、チョコ、カカオ、ピーナッツ、アーモンド、
に多く含まれる。緑茶、紅茶にも多い。

このあたりの制限が鍵になるかな?

結構甘いもの好きで、チョコは食べるね。

最後に、カルシウム摂取

これは意外。
カルシウム不足だと、
シュウ酸カルシウム結石ができる?

一見矛盾している。

カルシウムが多いと結石ができるのでは?
そうではない。むしろ逆。

シュウ酸とカルシウムを一緒に取ると、
結石予防になる。

シュウ酸とカルシウムを、
腸管内で結合させてしまうと、
シュウ酸が体内に吸収されない。
シュウ酸カルシウムを腸内で作って、
排泄してしまえばいい。

そうすれば、吸収されないから、
尿中にシュウ酸が現れなくなり、
結石が減るという寸法だ。

アーモンドフィッシュはまさにいいコンビだ。
シュウ酸とカルシウムを同時に取っている。
それでいてそのほかの栄養素も摂取できる。

紅茶を飲むなら、ミルクティーだ。
シュウ酸とカルシウムの結合を、
カップの中で行ってしまえばいい。

いまある石をこれ以上育てないために、
カルシウム摂取を意識してみよう。

まとめ

腎臓がんのリスクが高いぼくは、
腎結石があるのを放っておくのはまずい。

また体脂肪率が高めで、
甘いもの摂取傾向が強いのも問題だ。

1.水分を多めにとる。
2.筋トレをして体脂肪率を上げない。
3.シュウ酸が含まれる食品を意識する。
4.シュウ酸とカルシウムを一緒に食べる。

これで腎結石をこれ以上育てないようにして、
腎がんを予防しよう。

今日は、いいことに気づいてよかった。

追伸:

GeneLife Genesis 2.0が、
明日4月25日まで、お得。
なんだかいつもセールやっているような気がするが、
気のせいか?ま、いっか。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です