グレインフリーの食事はどのようにすればいいのか?

完全なグルテンフリー、
つまり穀物なしのグレインフリーの食事は、
どう考えればいいのだろうか?

実際にはどのようにすればいいのだろうか?
ぼくが毎日食べている夕食をお教えしよう。

いろいろ考えるのが面倒な人は、
ぼくの超シンプルメニューを参考に、
自分なりにアレンジしてほしい。

健康ドクターは毎日何を食べているのか?

ぼくはほとんど毎日同じものを夕食に食べている。

ベーコン
豆腐
キャベツ
じゃがいも
ピーナッツ

これだけだ。

ベーコン+豆腐+キャベツは、
サラダ風にして一皿に盛り付けて食べる。

  

ドレッシングは和風たまねぎが気に入っているが、
ごまドレッシングやシーザードレッシングのときもある。

これだと完全に穀物なしの一皿だ。

実は市販のドレッシングのなかに、
小麦が入っていることがある。
もし、あなたがセリアック病レベルだとしたら、
ドレッシングにも気をつけねばならない。

肉に関して、鶏にしていたこともあった。
結局ベーコンに落ち着いた。
赤身がいいとか、脂をとったほうがいいとか、
値段が手ごろだとか、いろいろ理由はあるが、
とにかく今はベーコンになっている。

豆腐は理由がある。
豆腐はタンパク質の摂取源と、
マグネシウムの摂取源の意味合いだ。

なぜマグネシウムを取らなければならないと思ったかは
こちらを読んでほしい。

ぼくが毎日豆腐を食べている理由

ちなみにキャベツにもエピソードがある。
普通は毎日食べる野菜をどういう理由で食べなかったのかは、
こちらを読んでもらえればわかる。

賢いあなたは、マネしないで、野菜は食べてね。

ぼくが毎日生野菜を食べるようになった理由

じゃがいもはどうやって食べているのか?

じゃがいもとは言っても、
ポテトチップスを食べている。
ま、一応じゃがいも。

それとピーナッツ。
これは油脂の摂取源。
エネルギーで考えると、
ピーナッツが一番高エネルギーかも。

この自己流、超めんどくさがり向け、
グレインフリーディナーは、
三か月続けているが、
いまのところ問題なし。

先日Vitastiqの測定結果で書いたが、
しいて言えばセレン欠乏が気になるかな。

電子鍼でビタミンを測定するVitastiqの測定結果はセレンがやばい

あなたはどんなグレインフリーをしているだろうか?
きっともっと素敵な食事をしているだろう。
教えてもらえると嬉しい。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です