グルテンフリーで症状が改善した物語その4

2018年5月26日

グルテンフリー製品はあまり使わず、
なるべく手作りのグルテンフリーを目指した、
セリアック病のお母さんの話。

料理好きで料理上手だと、
こんな感じになるというお話。

グルテンフリー物語―ジャネルの場合―

私の母は、
私の娘が生まれた後すぐに、
セリアック病と診断されました。

セリアック病は遺伝子が関係しているので、
私もチェックするように言われました。

私は特に何も症状はありませんでしたが、
セリアック病の検査結果は陽性でした。

私の姉も、私の父も同じく陽性でした。

家族四人とも全員が全員セリアック病でした!

私の子供二人はどちらも陰性でした。

最初は、
完全に参ってしまいました。

触れるもの触れるものすべてに
グルテンが入っているような
感じがしました。

セリアック病と診断されてから、
グルテンフリーを開始するまで、
数週間経ってしまいました。

もう二度と食べられない食べ物との、
別れを惜しんでいたのです。

ここ10年で、
グルテンフリーは、
かなり簡単になりました。

今や、
グルテンフリーのランチを
職場の学校で買って食べられます。

ウェブサイトやブログなどの
情報源がたくさんあります。

いま、
我が家の食事は、
90%がグルテンフリーです。

子供たちは、
また、セリアック病の検査をすることにしていて、
いまのところ、グルテンを食べてもよいことになっています。

なので、朝食には、
普通のパンで作ったサンドイッチと、
普通の冷凍ワッフルを食べています。

しかし、
夕食はめったに別々にはしません。

準備が簡単なので、
果物や野菜をたくさんとります。

夏には、
よく網焼きをします。
新しい味を試したりもします。

グルテンフリーは、
いろいろ新しいことを、
試してみたくなるのです、ほんとに。

加工食品はほとんど食べません。
加工食品を買って食べるときには、
内容成分をよく読むようにしています。

チキンフィンガーとマカロニとチーズが、
好きな夕食です。


チキンフィンガー

グルテンフリーのパン粉を使った
チキンフィンガーを作って、
オーブンで焼きます。

マカロニはグルテンフリーで、
チーズはナチュラルチーズです。

新しいグルテンフリークッキーが発売されると、
試してみるのが好きです。
けれどグルテンフリーのパンや製品をたくさんは買いません。
自分で作るのが好きだからです。

理由は値段もあります。

5ドル(500円)あれば、
家族分のクッキーが作れるのに、
ほんの数枚のグルテンフリークッキーを買う理由はありません。

それに、
クッキーに何が入っているか、
きちんと知りたいからです。

最近、
学校の家庭科の先生に
手作りクッキーを持っていきました。

手作りクッキーがグルテンフリーであることに
気づかなかったみたいです。
もし、グルテンフリーをやっている私が持っていって、
グルテンフリーだって言わなければ。

私が作ったクッキーは、
普通のクッキーの味に近かったようです。
わーい嬉しい😃

もう長いこと普通のクッキーを食べていないので、
味が似ているかどうかはわからないのですが!

グルテンフリーの食事で、
さみしいなと思うことはありません。

食べたいものを何でも作れます。
外食するにもいろいろ選択肢があります。

出来なくなって寂しことといえば、
どこでも好きな場所で外食することができない、
特に旅先でできないことくらいでしょうか。

グルテンフリーがかなりひろまって、
混乱している感じですね。

一時的な流行とみる人もいます。
私の場合は違います。
健康のために必須なことです。

ジャネルは、
料理上手で、
何でも自分でグルテンフリーの食事を作ってしまう。

加工食品はあまり食べず、
グルテンフリーの新商品も、
それほど試さないようだ。

グルテンフリーをしなければならなくなったとき、
人によっては、
おいしいクッキーが食べられないことがショックみたい。

ふわふわサクサクは、
どうしても小麦じゃないと難しい。

クッキーが大好きだった人には、
たまらなくさみしいみたい。

グルテンフリー生地用の粉は売っている。
でも、成分表を見ると、
かなりの添加物が使われている。

そうなると、
グルテンフリー製品も、
それほどいつも使うのは、
ためらわれてしまう。

値段も高い。

グルテンフリーがもし本当に体に合っているならば、
グルテンが含まれない代替の食品を探して歩くよりも、
穀類から作る「粉」自体から離れるほうがよい。
つまり、米粉みたいな代替の粉からも離れるわけだ。

そうすれば、完全なるグルテンフリーになり、
小麦の食感を追求したグルテンフリー製品を作るために、
グルテンの代わりになる添加物を食べなくて済む。

小麦の代わりに何かを使った、
パンやパスタ様の何かは、
どんなに頑張っても、
小麦には勝てない。

いっそのこと、
完全に小麦代替穀物からもすべて離れてしまうのがいいのでは?
と思うのだ。

穀物はグレインGrainというので、
グレインフリーと言えるかもしれない。

料理上手のジャネルの物語と、
グルテンフリー製品で対応するには、
いろいろと弱点がある話だった。

今日はここまで。

面白かったら、シェアをお願いします。