デメカル検査キットが到着した!内容のレポート

フェリチンも測れるデメカルの
生活習慣病血液検査キットが到着した!

早速、キット内容についてレポートするよ。
採血自体は明日するつもりだから、
採血自体のレポートは、また、ブログチェックしてね。

デメカルの検査キットって?

今回注文したのはこれ。
自宅でできる検査キットで、
唯一フェリチンが測定できるキット。
フェリチンを自宅で簡単に測定したいならこれ一択。

フェリチンて何?―鉄は日本人女性のほぼ全員を救う―

一昨日の夜注文して、今日到着。それもネコポス。
速いし便利!

もっと厚みのあるパッケージと思っていたら、
実はこんなに薄くてスマート。これならネコポスだよね。
納得。

早速開封。
箱の奥底になんか書いてある。

と思ったら、開封口が逆でしたーーーちゃんちゃん。

という、一人ボケ一人突っ込みをしながら、
パッケージを出す。
全貌はこんな感じ。

ふたを開けて、全部を並べてみる。
写真右の矢印のところの「溶液入りボトルたて」がキモと見た!

吸引器(白トレー下真ん中緑のパーツ)で血を吸い取ったあと、
溶液入りボトル(銀紙のベールに包まれている)に入れるところが、
片手のワンオペになるわけで、きちんとボトルが立ってないといけない。

キットの中にあった白黒の折りたたまれた紙は、
なんと添付文書。
承認を受けた医療機器なんだね。
職業柄感慨深い。

demecal-package-insert

でも、実際は、カラー刷りのめっちゃわかりやすい取説があって、
これをよーく読んでイメージしてから望めば平気な感じ。

さらにすごいのが、この動画。
これはかなーり親切でわかりやすい。
ここまで丁寧に教えてくれていれば誰でもできるね!

あと感心したのは、
使用してもしなくてもすべてのパーツを
ケースに入れて送り返すところ。
医療ごみとして捨てるので、
家庭ごみとして捨てないでねと。

血液も採血に使うランセットという針も
確かに医療ごみだね。
しっかりしてるなこのキット。

申込用紙と身長・体重の質問票を記入して、
返送用封筒に入れて投函する。

いや~よくできてるね。
これならできそうだ。

明日早速やってみる。
なんだかワクワクするね。

実際の採血方法や検体処理方法は、
また、レポートするね。
乞うご期待!

関連記事

鉄不足はどうやったらわかるのか?

LINEで送る
Pocket

“デメカル検査キットが到着した!内容のレポート” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です